カートをみる マイページ・新規会員登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

車いすの選び方


★ 車いすの種類

車いすの種類は大きく4つに分けられます。自走式、介助式、ティルト・リクライニング車いす、電動車いすがあります。

自走式とは
車いすご利用の方が、ご自身で操作するタイプです。介助者に押してもらうこともできます。

介助式とは
車いすご利用の方が、ご自身で車いすを操作できない場合に使用するタイプです。

ティルト・リクライニング車いすとは
主に室内でご使用いただく車いすです。姿勢を維持することができない方にご利用いただきます。背もたれの角度の調整ができる“リクライニング車いす”と、背もたれと座面の角度の調整が出来る“ティルト車いす”。さらにどちらもできるタイプもあります。

電動車いすとは
車輪を電動モーターで動かすことができる車いすです。リモコンによって手元操作ができ、移動にもあまり疲れません。自力操作は難しいが指先がしっかり動かせる方に最適です。ただし、バッテリー搭載で重量がかなりあります。



★ 車いすのサイズについて
車いすの選び方
● お選びの際は
(シートの高さ、幅、奥行き、アームサポートやバックサポートの高さ)がチェックポイントとなります。





★ ご利用者の身体状態、ご使用環境を確認しましょう!

最適な車いすを選ぶためには利用する方のお身体の状態やご使用環境等 さまざまな事を事前に確認する必要があります。


 身体状態を確認ください。
   ● ご自身で車いすへの移乗が出来ますか?(立位できる・座位出来る・介助が必要

   ● 座位能力はどのくらいありますか?(座位を保てる・保ちにくい・保てない)

   ● ご自身で移動できますか?(自走できる・介助が必要・全介助が必要)

ご使用環境を確認ください。
   ● 主な利用場所はどこですか?(在宅で室内利用メイン・在宅で外出利用メイン・施設または病院)
   ● 使用場所の環境はどうですか?(行動範囲・バリアフリー状況・通路幅)

身体状況と使用環境を考えながら 下記のポイントを参考に安全で体に合った車いすを選びましょう!

● 自走式と介助式とどちらが適していますか?
● 自分でこぐ場合、「足こぎ」も併用しますか?
● 移乗の際などに肘掛、フットサポートの着脱等、特殊な機能は必要ですか?(介護者の負担を軽減します)
● リクライニングやチルト機能は必要ですか?(姿勢の安定、ずり落ちを防止します)
● 外出の移動手段として使用するのですか?(コンパクトで軽量タイプがよいでしょう)
● 室内で日常的に使用しますか?(小回りにきく6輪タイプやコンパクトなタイプがあります)


選定でお困りの方はご連絡ください。 (0586)45-3153 または info@gracecare-shop.jp 折り返しご連絡いたします!!

お身体に合った使いやすく快適な車いすをお選び下さい!

車いすクッションの選び方 

〜車いすで快適に過ごすために〜

車いすに快適に「座る」ためには  ^喫散
                       ◆〇兩保持
       「移動する」ためには   動きを助けるという要素を考慮することが必要です。

使用目的すべてを満たすような万能なクッションはありません。
何を優先すべきか考えて選びましょう!!

<目的から選ぶ>

★ 除圧タイプ 
    座り直しができ、特に姿勢が崩れず座ることが出来る方に最適です。

★ 姿勢保持と圧分散タイプ
         自力での体幹保持が困難で安定した着座と体圧分散効果必要な方に最適です。
   
    ・ 骨盤安定タイプ
        座骨前方支えのあるクッション

    ・ 骨盤安定タイプと背もたれ保持タイプ
        坐骨の前方支えと背もたれクッションの併用

    ・ 骨盤、背もたれ調整タイプ
        坐骨の前方支えと背もたれクッションの併用し、セルやエアによる調整があるクッション

車いす上で座位姿勢を自力で保てるかどうかで、サポートの必要な部位とクッションの種類が異なります。まず、座位姿勢をとり姿勢が崩れたり不安定にならないか判断し、状態にあったクッションを選びましょう。

<素材から選ぶ>

★ クッションの素材
     .Ε譽織鵐侫ーム
    ◆.献Д
     エアー
    ぁ.献Д襦ウレタンフォーム

メリット と デメリット              

素材

メリット

デメリット

ウレタンフォーム

・安価・軽量

・低反発、高反発等種類が豊富

・圧力分散性が良い

・へたりが大きい

・薄いと底づきしやすい

ジェル

・体圧分散性が良い

・薄くても底づきしにくい

・へたりが少ない

・重い・材質によって漏れる場合がある

・夏は熱く冬は冷たくなりやすい

エアー

・軽量・体圧分散性が良い

・適切な空気圧であれば底づきしない

・不安定な場合がある・空気漏れの可能性がある

・適切なメンテナンスが必須

ジェル

ウレタンフォーム

・体圧分散性が良い・せん断力を緩和

・へたりが少ない

・漏れる心配もなくメンテナンスも容易

・ジェルのみのクッションよりも軽量

・夏は熱く、冬は冷たくなりやすい



選定でお困りの方はご連絡ください。 
(0586)45-3153 または info@gracecare-shop.jp
折り返しご連絡いたします!!